イラストや写真には導線の役目もあるのでは?

パソコンのインストラクターをしていた頃、ご高齢の生徒さんがインターネットをやりたいという事で、インターネットの使い方を教えていました。

 

目的地まで行く交通手段を調べたり、ダウンロードの仕方や、ネットショッピングの方法など教えましたが、本当にインターネットに慣れていない人って、リンクからリンクに飛ぶのも一苦労なんです。

 

ある日、昨日テレビでやっているサプリメント(ご高齢者向けの商品でした)を買おうかと思ったんだけど、少し調べてから購入したいとの事だったので、インターネットで検索すると…

 

文字だけが羅列している胡散臭いアフィリエイトサイトが出てきました。
それを見た生徒さん「俺はこんな小さい文字ばっかりの画面見てたら頭痛くなっちまうよ!」と嫌がり、5秒位したら戻るボタンで検索に戻ってしまいました。

 

キーワードが悪く似たようなペラサイトが出てきてしまっていたので、検索語句を変更してもう一度検索すると、アフィリエイトサイトなのですが文字も大きく商品の画像も使われていたページにたどり着きました。

気になる要点を箇条書きでまとめて、説明文章も大きく書いてあります。
ご高齢者がほほ笑む写真が挿絵として使われていて、それが良い道筋になりながら最終地点である商品のページにたどり着いていました。

こういったケースを何度か実際に見て、初めてだから・ご高齢だからという事もありましたが、大抵の人は見やすいページが好きで、情報に関連したイラストや写真は目を惹き安心感を与えているように感じました。

イラストや写真を自分のページに入れて目を惹かせる

上で説明したようにイラストは文字だけのページに比べて見やすいです。
ペラページや内容の薄い記事・改行も出来ていない読みにくい文章ではストレスを感じて読む気になれませんよね。

 

滞在時間にも差が出てしまう原因にもなりますし、せっかく書いた他の記事に目を通して貰えないのはもったいないです。
文字を見やすくする事や画像を入れる作業は、そんなに大変な事ではありません。

 

商用でも無料の写真・イラスト素材は沢山ありますので、自分のサイトカラーにあった画像を掲載してみる一手間は簡単にできる売上アップの秘訣だと思います。
さらにちょっとした作業で画像加工して文字をプラスするだけでも効果は絶大だと思います。

余談ですが、また別の生徒さんと一緒にネットショッピング楽天さんのページに行きましたが、商品画像が並び過ぎて違いがわからない。
説明書きがないから、どれを選んで良いか判らないと嘆いていました。

 

リンクボタンを押しましょうと促しましたが、金額が書いてあるので「これを押したら(リンクを踏んだら)買う事にならないか?」としきりに心配していました。
もしかしたら物販サイトの場合は、サイトの上下に商品リンクを貼る程度で良いのかもしれません。

 

これも年齢層に応じても変わってくるのかもしれませんね。
ご高齢の方は、インターネットを使いこなすレベルの方は少ないので、SEOも大切なのでしょうけれど、判り易い・安心出来るページを作るのが売上を左右するのではないかなと感じました。

イラストや写真をつかったページは見やすい関連エントリー

Microsoft Office Word(ワード2010)の図ツールで写真の加工をする
アフィリエイトサイトは同じような形のサイトになりがちです。オリジナル性を出してライバルに差をつけましょう
有料ツール【SIRIUS】シリウスを使って効率よくサイトを作成する
私がサイト作成で最も活用しているSIRIUS(シリウス)というツール。初心者でも綺麗で見やすいホームページを簡単に作れます。