38万円の壁

パート収入(給与所得)では、「103万円の壁」と呼ばれていますので、こちらの方が聞きなれていると思いますが、アフィリエイトでの収入の場合「38万円の壁」となります。

 

これは配偶者控除が受けられる額で、38万円を超えると所得に対して税金を納めなければいけなくなります。

 

パート収入では年間103万円以下の収入を得た場合、配偶者控除を受ける事が出来て、103万円〜141万円以下であれば配偶者特別控除を受ける事が出来るのですが、パートやアルバイトのような給与所得以外の場合はどうなのでしょうか?

 

パート収入(給与所得)と事業収入の違い

実はパート収入は103万円の収入まで配偶者控除を受けられますが、事業収入で配偶者控除をうけるには38万円以下でなければなりません。

 

給与所得の場合、給与所得控除というものがあり控除額は65万円受ける事が出来ます。
配偶者控除は38万円受ける事が出来るので

 

合計「65万円+38万円」=最高103万円の控除が受けられるのです。

しかし、自営業などの事業収入の場合、給与所得ではないので給与所得控除の65万円を受ける事が出来ません。
したがって、配偶者控除を受けたい場合、収入から経費を差し引いて38万までしか稼ぐ事が出来ません。

自分の場合のアフィリエイト経費

年間プロバイダー・光回線代:54000円
合計54,000円を経費にするつもりです。

 

なので経費を乗せて年間43万円程度稼ぐ事が出来ます。

 

所得(38万円)=収入(43万)−経費(54,000円)

 

月単位では36,000円位の稼ぎであれば問題なく配偶者控除を受けられますね。

全て無料のブログを使っている方は、経費はゼロで良いかと思います。
プロバイダー料金、電気代や携帯で作業されてる方は、携帯電話台を経費と乗せる事も可能です。
ただし、自分名義で料金を落としているものでないと、経費にはできません。(出来るかも知れないけど確か超面倒です)
経費の乗せ方が判らない人は、無理に乗せる必要はありません。

単純に年間38万円÷12ヶ月で良いので
月に3万円の収入であれば、配偶者控除が受けられます。

 

年間33万円以上で住民税の支払い義務も発生

 

配偶者控除とは別に、年間33万円以上稼ぐと住民税を納めなければなりません。
住民税も払わないで済むようにしたいのであれば、

 

所得(33万円)=収入−経費

 

で済むように計算して目安を立ててください。

 

私の場合経費を上乗せして38万程度。
月に32,000円位の収入であれば大丈夫です。

 

これも経費が無い方は単純に、年間33万円以下と考えてください。
月に27000円程度のお小遣い収入で良いならば、何も考え込む問題でもないかと思います。

 

確定申告の事

旦那さんの会社で加入している社会保険も扶養であるからこそですから、あまり怪しい事はしたくないというのが私の本音。

 

私もまだまだ月5000円程度で、稼げても月15,000円位になりそうです。
なので、今年は年間20万円以下に収めて確定申告をしない方向性で考えています。

 

ちなみに年間20万円以下であれば、確定申告の義務のありません。(他に確定申告する必要がない場合に限って)
始めた年は、年間20万円以下になる方も多いと思うので、あまり深刻に考える必要もないと思います。

もし20万円以上だで確定申告をするとしても、雑所得として申告する予定です。

 

38万円を超えるようであれば、時期を見ながら個人事業主の届を出そうと思っています。
詳しくは、月5万〜10万の安定収入がある場合は個人事業主に登録した方がお得です。

38万円の壁!アフィリエイトで配偶者控除をうけるには?関連エントリー

アフィリエイト収入は自営業!給与所得ではない
アフィリエイトは事業収入となるので、専業主婦アフィリエイターは控除される金額をしっかり把握しましょう
アフィリエイトで76万円以上稼ぐなら青色申告する
アフィリエイトは事業収入なので配偶者控除内で収入を得る為にしっかり金額を把握しましょう