アフィリエイトは事業収入だから給与所得とは違う

専業主婦の場合、ほとんどの方が旦那さんの扶養に加入していると思います。
お仕事をしていた頃、パートの方が年末辺りで出勤日数を調整している姿を見かけた方も多いのではありませんか?

 

扶養されている主婦の皆さんは、扶養の限度内で働く事でお給料を頂きながらも、税金・社会保険料・配偶者控除を受けられるように一定の収入を守っています。

 

パート収入とアフィリエイト収入は何が違うの?

パート収入とアフィリエイト収入では、住民税・所得税・社会保険料が免除されるかどうかの上限の金額が違います。

 

パート収入とアフィリエイト収入比較表

アフィリエイト年収が33万円以上から38万円以内であれば、住民税がかかりますが所得税はかかりませんし、旦那さんの配偶者控除を受ける事ができます。
38万円〜76万円稼ぐと、配偶者特別控除が受けられ、この控除額は稼いだ金額により変わります。
76万円以上稼いでも130万円未満であれば控除は受けられませんが、社会保険料はかかりません。

 

  • 所得税・住民税は税金
  • 社会保険料は国民年金と国民年金保険料

現在は旦那さんの社会保険に一緒にいれてもらっているので、保険証は旦那さんの会社から出されています。
国民年金については、第3号保険という種類で、実際は国民年金を納めていませんが納めている事になっています。

 

配偶者控除というのは、旦那さんの税金を安くしてくれる制度なので旦那さんにメリットがあります。

 

アフィリエイトで少しだけ稼ぐのは逆に損という誤認

アフィリエイトをするにあたり、専業主婦のアフィリエイターさんの収入や税金・控除の考えなどをネットで検索しました。

 

見かける事の多かった意見の1つとして、収入に対しての所得税と旦那さんの増税(正しくは控除がなくなっただけ)、住民税と国民年金・国民年金保険料と、それに対しての年間合計を出すと、稼ぎ損とおっしゃる意見が多くありました。

 

しかし現実的に、どう考えても年間収入に対し、支払う税金や保険料の合計が上回る事はありませんし、たとえ支払っても必ず現金収入としてプラスになっているからです。
収入から支払うべきものを払ってもマイナスにはならず、稼いで損をすることもありません。

少し話が変わりますが、私は1度目の結婚のお相手の方が自営業でした。
自営業の妻というのは、自分で年金や保険料を支払っていました。これは自分が稼いでいるいないに関わらず支払うものでした。
国民の義務と言われているように、それは世間では当たり前の事ですよね。

 

旦那さんの扶養に入る事で、それらを免除して頂くありがたい制度があるという事を、私は今回の結婚で認識しました。

 

いつだか、扶養控除を廃止するという話題があり騒然となりましたが、そもそも自営業の妻からしたら変な話、国民年金を支払っていないのに支払っていること自体、不公平と思う事もありました。

 

長い間旦那さんに養っていただいて、国からの恩恵を受け過ぎてしまうと、損得で考えてしまうのも判る気がします。
1つだけ言えるのは、稼いだ分の税金を払うのは当たり前の事です。
この辺りは考え方の違いによるもので、扶養で免除される事が当たり前ととらえているから、税金や保険料で引かれる分が損をしていると感じるのだと思います。

 

アフィリエイトは収入のコントロールが可能です

稼ぐという事に対して自分で計画性を持ちながら考えて、税金や社会保険料・控除について考えて動いていけば良いと思います。
申告は年収で行いますから、そうそう神経質になる事もありません。

 

パート収入と同じで、ある程度の収入のラインを決めていれば、アフィリエイトの場合広告を外せば収入もストップします。
パートのように人に気を使わずとも、稼ぎ過ぎたい額を自分でコントロール出来るのが、アフィリエイトの魅力だと感じました。

だからといってずっとお休みをするのではなく、既存サイトの手直しや、さらなるスキルアップを目指して、翌年に大きくステップアップさせることも可能なところが最大の魅力だと思います。

アフィリエイト収入は自営業!給与所得ではない関連エントリー

38万円の壁!アフィリエイトで配偶者控除をうけるには?
パート収入(給与所得)では、「103万円の壁」と呼ばれていますので、こちらの方が聞きなれていると思いますが、アフィリエイトでの収入の場合「38万円の壁」となります。
アフィリエイトで76万円以上稼ぐなら青色申告する
アフィリエイトは事業収入なので配偶者控除内で収入を得る為にしっかり金額を把握しましょう